前へ
次へ

行政書士になるためには

資格を得る最も一般的な方法は、国家試験に合格する事です。その他に、弁護士や公認会計士等になる資格を持っている人は、無試験で資格を得る事が出来ます。但し、未成年や成年被後見人等は欠格事由より該当する為、なる事は出来ませんので注意が必要です。次に資格を取った、或いは持っている方は登録を行います。登録は日本行政書士会連合会に対して行いますが、直接登録申請を行うのではなく、事務所を開設しようと思っている都道府県の行政書士会に登録の申請を行います。申請が終わり日本行政書士会連合会が行う審査を通過すれば、登録された旨の連絡があり、証票が交付されます。登録されると事務局より通知が来るので、登録証や証票などを受け取りに行きます。こうしてやっと行政書士として看板を揚げ、業務を行う事が出来ます。

top用置換

top用置換2
Page Top